Liveveryday BLOG

Liveverydayメンバーのライフハックブログ

なぜ日曜日は休みなのか

f:id:webtsuku1:20160306162725j:plain

 

こんにちは。最近は気温も上昇し、ナイスサンデーですね。

 

フロントエンドエンジニアのあらぴくです。

f:id:webtsuku1:20160209223218j:plain

 (あらぴく)

 

 

「突然ですが、僕、日曜日嫌いなんですよね(笑)」

 

日曜日って(土曜日もなんですけど)、休日っていうイメージが国民に根付いてしまっているせいで、世間が平和ムードになるじゃないですか。なのでただでさえ危機意識の薄い日本人がさらに浮かれてるこの空気感がなんか居づらいんですよね。

 

いや、ただ僕がひねくれているだけかもしれないんですが、同じことを感じている方が10人に1人くらいいるはず!

 

そんな方、そして「なにこのブロガー、心だけじゃなくて顔までひねくれてるんじゃないの」って思ってる残りの9割の方々にもためになることを今から書いていきますよ!

 

 

なぜ日曜日が休日なのか

 

多くの国では日曜日が休日とされています。では、なぜ日曜日なのか。

 

普段なかなか考えたことがありませんよね。なので調べてみました。

 

ざっとまとめると、もともとはキリスト復活の日が土曜日であって、その次の日は仕事を休んで祝福をしようということで、日曜日を休日と定めたらしいです。(復活した日に祝わんのかいな)

 

また、日本においてはどうやら文明開化の中で導入されたようです。1868年の太政官布告により31日を除く1と6の付く日はすべて休みとされていたらしいのですが、欧米諸国との取引(交易)の際に不便が生じるとのことで、多国に合わせる形でだんだんと「日曜=祝日」という文化が根付いていったわけですね。

 

 

・・・1と6の付く日ってめちゃめちゃあるんじゃないの?

 

数えてみた

 

31日を除くので、1日、6日、10、11...19、21、26。

 

計14日。

 

・・・。

 

月の半分休みやないかい!

 

どうやら土日が休みの週休2日制の文化を享受できてきたぞ・・・。

 

 

結論

 

19世紀後半の日本人の方が僕らゆとり世代より大いにゆとり。

 

話が逸れてしまいましたね。

 

僕の意見としては、日曜日があるから皆、

 

「日曜日(=休日)まであと少し、頑張ろう!」

 

「あ〜明日から仕事(学校)か〜、憂鬱だな〜」

 

と一週間のうち何度も一喜一憂しなければならないのですよ。

 

それならいっそない方がマシだ!たるんでんじゃねえ!!

 

・・・。

 

結論2

 

我輩はひねくれている。

 

 

ひねくれてない真っ直ぐな企業のためのホームページ制作なら→

liveveryday.net

クラウドソーシングの有用性と社会に及ぼした影響

f:id:webtsuku1:20160228234928j:plain

 

おはようございます。

 

ネトゲ廃人だった時代を懐かしんでいるあらぴくです。

f:id:webtsuku1:20160209223218j:plain

 (あらぴく)

 

さて、みなさんクラウドソーシングという言葉はご存知でしょうか。

 

意外と僕の周りの大学生は知らなかったりするので、一応軽く説明しておきます。

「そんなんわかっとるわいやぼけぇはよ次行けや、おん?」っていう僕の地元によくいるような人は、さっさと読み飛ばしてください(ガクブル)。

 

 


クラウドソーシングとは


 

クラウドソーシング・・・インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うこと。また、そのような受発注ができるWebサービス。                     (引用:IT用語辞典e-words

 

 

つまりは、ネット(Webサービス)上でクライアントと受注者間の取引を全て行えるということです。

 

応募者が案件に対して作品を提出し、クライアントが応募作品の中から一番要望に合ったものを選定するコンペ式や、金額や業務内容、納期などを事前に指定して提案し、受注されてから制作に取り掛かるプロジェクト式など、いくつかのスタイルで取引を行うことができます。

 

有名なサービスには、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

今やフリーランスの人間には持ってこいのサービスとしてかなり普及しており、法人でも利用するケースは少なくないようです。このように自由業として生活している方々には切っても切り離せないものとして生活の一部になっています。

 

いや、むしろクラウドソーシングが台頭してから、「自分でもできるかも」と、多くのフリーランスが誕生した都いう見方もあるかと思います。

 

それほど両者のハードルが低く、介入しやすいサービスなんです。

 

 

 


クラウドソーシングを本当に必要としている人とは


 

「日本のクラウドソーシングは所詮国内に止まり、優秀なフリーランスクラウドソーシングを使わずとも生活できている」などと、依頼主と受注者の双方のレベルが低いから、取引価格もかなり安価で、これだけで食っていけるフリーランスは極めて上位層のみであるといったようなことが懸念されている。

 

ですが、僕の意見としては、このような批評はクラウドソーシング側のSTPを履き違えているのではないかと思います。

 

もちろんWeb系の職種であれば、Web上の受託制作のみで食いつないでいる方も少なくはないでしょう。しかし、メインの層は片手間で副業としてやっている方々なのではないでしょうか。

 

キンコン西野さんもおっしゃってましたが、本当に救われている層は本来収入がゼロだったにもかかわらずクラウドソーシングによって月5万円稼げるようになった人なのだ。

 

メルカリ等のECフリマで、自分の作ったハンドメイドの製品を自由に販売している方々と近しいものを感じる。もっとも、クラウドソーシングの場合はクライアントが存在するのだが。

 

 


まとめ


 

上述した副業として利用している方々もそうなのだが、フリーランスやスタートアップは初めのうちは1件受注するのにも大変な労力を要する。

 

クラウドソーシングは、そういった方々の第一歩となるツールにも成り得る、無限の可能性を秘めたサービスである。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それでは、また。

 

 

ベンチャー企業のホームページ制作なら

liveveryday.net

 

どうもです。

 

2日連続パスタを食べているバックエンドエンジニアのほりこすです。

 

f:id:webtsuku1:20160208214412j:plain

(ほりこす)

 

今日は、「エンジニアにとって作業がはかどる曲」を紹介していきます。

 

1. Silent siren

www.youtube.com

チェリボムがとくにあついです。

アップテンポな曲のために気分が乗せられて上々になります。

 

2. Electro House Ckub Mix

www.youtube.com

クラブの曲はハイテンションになりますね。

BGMとしては一番最適かもしれないです。

 

3. Goose house

www.youtube.com

著名なアーティストのカバー曲で有名なグースハウス。

J-POPの定番曲ばかりが流れるので、リラックスした気分になります。

 

 

以上、「エンジニアにとって作業がはかどる曲」を厳選して紹介しました。

 

次回もお楽しみに〜〜

 

web制作なら→

liveveryday.net

プログラミング言語のおすすめな参考書

どうもです。

 

3日に1日ブログを書かなければいけなくて最近ネタがなくなり始めているバックエンドエンジニアのほりこすです。

 

f:id:webtsuku1:20160208214412j:plain

( ほりこす )

 

 

本日は、プログラミングを始めようと思ってどの参考書を買えばいいのかわからない人向けに、「プログラミング言語のおすすめな参考書」を紹介していこうと思います。

 

1.作りながら学ぶhtml/cssデザインの教科書

www.amazon.co.jp

基本的にこの本を1冊習得すればサイトの制作から公開まで完結して行うことができます。他の参考書に比べてこの本にはレンタルサーバーへの繋ぎ方まで書かれています。

 

2.jQuery最高の教科書

www.amazon.co.jp

jQueryの基本的な書き方から、おしゃれなギャラリーページの作成までカバーしている参考書。サンプルを見ながら実際に手を動かして学ぶ確かな技術書です。

3.WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書

www.amazon.co.jp

wordpressの初心者におすすめな1冊。この本を習得すればwordpressの基礎的なところから運用までこの1冊でできるようになる。

 

以上、「プログラミング言語のおすすめな参考書」でした。

 

 

 

次回もお楽しみに〜〜

 

ベンチャー企業のホームページ制作なら→

liveveryday.net

超すごい!ハイクオリティなWeb制作会社5選

f:id:webtsuku1:20160222220743p:plain

 

こんばんは。

 

フロントの人、あらぴくです。

 

f:id:webtsuku1:20160209223218j:plain

 (あらぴく)

 

今日はかっこいいハイクオリティなWeb制作会社を紹介したいと思います!

(ちなみにアイキャッチ画像は我が社のサイトです)

 

自分も(一応)同業者なので、日々検索して研究しているのですが、圧巻の技術やデザインを取り入れているWeb制作会社、またそれらに携わっている社員さんは本当に尊敬するばかりです。

 

本当にかっこいいサイトは見てるだけで楽しくなりますよね^o^

 

それでは、紹介したいと思います。

 

ハイクオリティなWeb制作会社5選 


 

1.株式会社LIG

liginc.co.jp

ブログによって今や名の知れたLIGですが、本業はブログではなくWeb制作なんですね。僕自信、大ファンです笑。何から何まで、参考にしたい会社です。

 

2.株式会社ホットファクトリー

www.hot-factory.jp

大阪にあるWeb制作会社です。初めてコーポレートサイトを見たとき「スゲー」って思わず言ってしまいました。本当にすごいホームページは、見た瞬間に感嘆の声が漏れてしまいますよね!

 

3.CINRA, Inc.

www.cinra.co.jp

サイトの色使いやフォントの使い方が非常にうまく、目をひきます。早稲田大学のHPを作ってらっしゃるのですが、こんなサイトを一目みると、学生も目指したくなりますよね!うちの大学も何とかならないものか・・・(ボソ)。

 

4.un-T factory!

www.un-t.com

無駄のないまとまったホームページがすばらしいです。制作実績も資生堂などの化粧品会社を筆頭に、小綺麗なサイトが多いような印象を受けます。LITALICOのホームページもこちらの制作会社が作ってらっしゃるんですね!

 

5.BIRDMAN

birdman.ne.jp

これはもはや、ホームページと言えるのだろうか・・・。動的なサイトが増えていますが、ここまでいくともはや1つの映像作品を見ているみたいになりますね。僕の友達は横で「ウルトラマン」って言ってました。違うと思います。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

一部を取り上げましたが、この他にもクオリティの高いWeb制作会社はたくさん存在します。見るだけでも楽しいので、ぜひ調べてみてください!

 

我々も精進いたします!

 

 

 

ベンチャー企業のホームページなら→

liveveryday.net

無料でプログラミングが学べるオンラインツールとは

どうもです。

 

最近お尻が痛いバッグエンドエンジニアのほりこすです。

 

f:id:webtsuku1:20160208214412j:plain

(ほりこす)

 

今日は「無料でプログラミングが学べるオンラインツール」を紹介していきたいと思います。

 

 

1. Progate

prog-8.com

 

現在の登録ユーザー数が5万人を超えるというプログラミング初心者のプラットフォームになりつつあります。実際に手を動かしながらモダンなホームページを制作ができます。

学べる言語は「html, css, JavaScript, jQuery, Ruby, Ruby on Rails, PHP

 

2. dotinstall

dotinstall.com

3分でプログラミングが学べるツールです。レッスン数は圧倒的に無料オンラインツールでは多い。動画で学びながら学習していきます。

扱える言語はほとんど入っています。一部有料ですが。満足できます。

 

3. CODEPREP

codeprep.jp

ゲーム感覚でプログラミングが楽しめるツールです。目に見えるものを最初に確認して学習していくので、楽しくプログラミングができます。実際に自分が使いたい実装内容がこの中に入っている場合があります。

 

以上、「無料でプログラミングが学べるオンラインツール」でした

 

次回もお楽しみに〜〜

 

ホームページ制作なら→

liveveryday.net


w-tsuku.com

学生のうちに本を読むべき3つの理由

f:id:webtsuku1:20160219143819j:plain

 

こんにちは。

 

現役大学生フロントエンドエンジニアのあらぴくです。

 

f:id:webtsuku1:20160209223218j:plain

 (あらぴく)

 

私は仕事柄、ビジネス書やWeb関連の書籍をよく読むのですが、本をたくさん読むようになったのは最近のことです。

昔から読書は好きなほうでしたが、それでも小説を月に1、2冊読むか読まないかのレベルでした。

その理由は、当時本を読むことの重要性を理解してなかったからです。

 

そこで、今日は私自身が実感した「学生のうちに本を読むことの重要性について話したいと思います。

 

 

学生のうちに本を読むことが大切な3つの理由 

 


 

1.社会に出てから役に立つ

 

当たり前のことだと思われるかもしれませんが、学生のうちに培った知識は社会に出てからとても役に立ちます。

 

基本的に、社会人は自分より知識量があって当たり前です。しかし、新人だからといって社会人は自分と同じ目線で会話をしてくれるわけではありません。まず、そのことを念頭に置いておきましょう。

 

また、人間は第一印象が大事だとよく言われます。読んだ本の量に比例して語彙力も間違いなく向上するので、初めのうちに「おっ、こいつできるな」と思われておいて損はないでしょう。

 

ぜひ、若いうちに知識量をつけておいて社会人と同じ目線で会話ができるようにしておきましょう。

補足として、自分がはたらく業界の専門用語も学んでおくことも大切ですよ。

 

 

2.論理的思考力

 

私が日々人と話をする中で感じるのは、本を読んでいる人と読んでいない人で、一言一言の説得力が違ってくるなということです。

本を多く読んでいる人は、数多もの他者の考え方をインストールしているので、”あの本に書いてあったんだけど”、”この著者が言っていたんだけど”、と根拠を持った発言ができるようになります。

 

また、一つのジャンルに絞って本を読むのと、様々なジャンルの本を読むのとどちらがいいのか、という話がよく取り上げられますが、私は確実に後者の方がいいと思います。

 

なぜなら、前者の場合思考が偏ってしまうからです。ある専門領域についての知識が豊富な人でも、小説などで教養を得ている人と得ていない人では、他者と話す際に内容の響き方が違ってきます。

 

様々な分野の本を読むと、一見関係のない話をしていても、引き出しが豊富なために様々な見地から思考・発言できるようになります。

 

この人にはこういう話の方が説得力があるな”と、自然と考えられるようになるので、論理的にモノを言うために様々な分野の本を読むようにしましょう。

 

 

3.人格形成

 

人は年齢や地位が上がってくると、人に話をすることは上手くなるが、人の話を聞くことは下手になる、とよく言われます。

ですので、社会に出る前の大人と子供の狭間が一番人格形成において重要な時期だと私は考えます。

 

本はある分野に特化した有識者によって書かれています。その人たちの思考法を吸収することは、多くの場合読者の人格形成に大きな影響を与えます。

 

まだ成熟していない学生だからこそ、大人の意見を素直に聞き入れることができます。そして同時に、上手くかいつまんで自分のものにしていくスキルも養われるので一石二鳥と言えます。

 


 

いかがでしたか?

 

ぜひ、本屋さんに立ち寄って興味のある本を手に取ってみましょう。

あなたが手に取った本は運命の巡り合わせだと思い、自信を持って読んでみてください^^

 

 

ホームページ制作なら→

w-tsuku.com