Liveveryday BLOG

Liveverydayメンバーのライフハックブログ

なぜ日曜日は休みなのか

f:id:webtsuku1:20160306162725j:plain

 

こんにちは。最近は気温も上昇し、ナイスサンデーですね。

 

フロントエンドエンジニアのあらぴくです。

f:id:webtsuku1:20160209223218j:plain

 (あらぴく)

 

 

「突然ですが、僕、日曜日嫌いなんですよね(笑)」

 

日曜日って(土曜日もなんですけど)、休日っていうイメージが国民に根付いてしまっているせいで、世間が平和ムードになるじゃないですか。なのでただでさえ危機意識の薄い日本人がさらに浮かれてるこの空気感がなんか居づらいんですよね。

 

いや、ただ僕がひねくれているだけかもしれないんですが、同じことを感じている方が10人に1人くらいいるはず!

 

そんな方、そして「なにこのブロガー、心だけじゃなくて顔までひねくれてるんじゃないの」って思ってる残りの9割の方々にもためになることを今から書いていきますよ!

 

 

なぜ日曜日が休日なのか

 

多くの国では日曜日が休日とされています。では、なぜ日曜日なのか。

 

普段なかなか考えたことがありませんよね。なので調べてみました。

 

ざっとまとめると、もともとはキリスト復活の日が土曜日であって、その次の日は仕事を休んで祝福をしようということで、日曜日を休日と定めたらしいです。(復活した日に祝わんのかいな)

 

また、日本においてはどうやら文明開化の中で導入されたようです。1868年の太政官布告により31日を除く1と6の付く日はすべて休みとされていたらしいのですが、欧米諸国との取引(交易)の際に不便が生じるとのことで、多国に合わせる形でだんだんと「日曜=祝日」という文化が根付いていったわけですね。

 

 

・・・1と6の付く日ってめちゃめちゃあるんじゃないの?

 

数えてみた

 

31日を除くので、1日、6日、10、11...19、21、26。

 

計14日。

 

・・・。

 

月の半分休みやないかい!

 

どうやら土日が休みの週休2日制の文化を享受できてきたぞ・・・。

 

 

結論

 

19世紀後半の日本人の方が僕らゆとり世代より大いにゆとり。

 

話が逸れてしまいましたね。

 

僕の意見としては、日曜日があるから皆、

 

「日曜日(=休日)まであと少し、頑張ろう!」

 

「あ〜明日から仕事(学校)か〜、憂鬱だな〜」

 

と一週間のうち何度も一喜一憂しなければならないのですよ。

 

それならいっそない方がマシだ!たるんでんじゃねえ!!

 

・・・。

 

結論2

 

我輩はひねくれている。

 

 

ひねくれてない真っ直ぐな企業のためのホームページ制作なら→

liveveryday.net